目次 命令リファレンス


文法

グローバル変数一覧

オブジェクト・クラス一覧

$InputBoxテキストを入力するためのウィンドウを表示します
$TextEditor$InputBoxより小型の、テキスト入力ウィンドウを表示します。
$mapマップパターンの設定や取得、画面のスクロールを行います
$Math高度な数学関数を提供します
$mplayer音楽、効果音の制御を行います
$mouseManagerマウスの制御(マウスカーソルの強制移動、マウスの非表示など)を行います。
$Options各種設定を行います
$panel自動的に作成されるPanelクラスのオブジェクトです。
$projectManagerページの読み込みを行います
$rankingネットランキングCGIの呼び出しを行います
$SelectBox選択肢を表示するダイアログボックスです
$Systemシステムの終了などを行います。
AbstractHashtableHashtableLightHashtableの親クラスです。
AnimationAdaptorAnimationAdaptorとは、キャラクタパターンを次々に変化させることによるアニメーションを簡単に実現するためのオブジェクトです。
ArrayArray(配列)クラスのオブジェクトには、複数の値(要素)を格納することができます。
CheckBoxチェックボックスを作成します
DXCharDXCharクラスのオブジェクトは、ビットマップパターンの半透明、回転拡大縮小表示が可能です
FileReaderファイルからデータを読み込みます。ファイルについてはファイルの扱いについてを参照してください
FileWriterファイルにデータを書き出します。
FrameManager1フレームに毎に特別な処理を行いたい場合に使うオブジェクトです
Hashtable複数の値(要素)を入れることが可能なオブジェクトです。各要素へのアクセスにはキーと呼ばれる値を用います。
Joystickジョイスティックの入力を調べます
LightHashtableハッシュテーブルの一種で、処理速度が速い代わりに、キーに文字列が使えません。
Matrix2次元配列を格納するオブジェクトです。
Objectすべてのオブジェクトの親クラスです。Objectクラスのメソッドはどのクラスからも利用できます。
Panel通常の描画メソッド(drawText,drawLine,drawSprite,fillRect)では、描画されたものは1フレームごとに消去されてしまいます。一度描画したグラフィックスを消さないでおくときは、パネルを使うと便利です。
PanelChar任意の図形(線、四角形、文字などの組み合わせ)が描けるオブジェクトです
PlainChar画面上に表示されるオブジェクト(SpriteCharDXCharTextCharSecretChar)の親クラスです。
RadioButtonラジオボタンを作成します
SecretCharSecretCharクラスのオブジェクトは、実行中は表示されません。(設計時には表示されます)
SpriteCharSpriteCharクラスのオブジェクトは、ビットマップグラフィックスを表示することができます。
Sprite画面上に出現するすべてのオブジェクト(PlainCharクラス)の親クラスです。描画命令などが定義されています
String文字列を表すオブジェクトです
TextCharTextCharクラスのオブジェクトは、文字を表示することができます。
TimeStopper時間の停止を行います
Windowウィンドウの制御を行います

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-14 (火) 21:24:37 (699d)