Tonyu System

Tonyu System 2 (Tonyu 2)の特徴

ダウンロードはこちらから

ブラウザで動くゲームを,ブラウザで開発

Tonyu2で作成したゲームは,HTML5に対応したWebブラウザで動作させることができます. プラグインなどは不要です.iPhone,AndroidなどのスマートフォンでもTonyu2のゲームを楽しむことができます.

また,Webブラウザで動作する開発環境もあり,セットアップ不要でゲームプログラミングを体験できます. 本格的な開発には,Windows用,Mac用のダウンロード版をお使いください


↑ブラウザでTonyu2の開発環境が起動します.

並列処理

Tonyu1と同じく,ゲームの動きをプログラムするのに便利な並列処理をサポートします。 キャラクタの動きはキャラクタ毎に独立して記述します。 通常のゲームプログラムでは、「1フレーム(1コマ)毎に行う動作」を記述するのに対して, Tonyuでは「キャラクタが生まれてから、死ぬまでの動作」を自然に記述できます。

強化されたライブラリ

Tonyu1 で使えるグラフィックスの表示やキー入力、サウンドなどはもちろん, スマートフォンのタッチパネル入力(マルチタッチ対応)や, 物理エンジンTwitterへの投稿にも対応しています.

作品投稿支援

自分でWebサーバを持っていなくてもゲームを公開できるように,Tonyu2ではいくつかの公開方法を用意しています.

チュートリアル

初心者のために、 チュートリアルを ヘルプに添付しました。 これを読みながらTonyuの使い方を学習することができます。 また,ゲーム制作の様々な場面で役に立つ用途別リファレンスも充実しています.

※以上は,作者によるQiitaへの投稿記事 をもとに加筆修正したものです.

Tonyu System1(Tonyu1)との互換性について

言語の互換性

Tonyu2は,従来のTonyu(Tonyu1)と言語仕様(文法)の点ではほぼ上位互換になっています. Tonyu1にはなかった新しい文法が追加されています.

ライブラリの互換性

Tonyu2のライブラリクラス名・メソッド名)は,Tonyu1とは互換性がありません (主な違い).今後,互換性を可能な限り保てるようなライブラリの開発を進めていく予定です.

開発環境の互換性

従来のTonyu Systemにあるようなキャラクタのレイアウトの設定,オブジェクトインスペクタ, 画像・音声の管理などは,まだ開発中ですが,今後充実させる予定です.